ゴム販スタッフ散歩道でタグ「三九郎 繭玉」が付けられているもの

やぐら完成

小正月に行われる行事で三九郎(さんくろう)が行われました。どんど焼きともいわれてます。

正月飾りや御札、だるまなどを集めやぐらを組み燃やし繭玉

おもちを食べ無病息災・五穀豊穣を願います。

この日の朝、正月飾りを集めて男の子は一緒に組み上げます。(事前に役員さん達が骨組を作っておきます。)

大小、2つのやぐらを作りました。

子どもたちは手伝うというより・・・遊んでる~><

 

三九郎

 

 

やぐらを組んだ後、子供たちは公民館に集まって役員さん

と女の子達が作ってくれたカレーを食べ、お楽しみ会など

をして最後に繭玉(お米の粉で団子を作り、柳の枝にさす)

を作って帰ってきます。

点火時間に合わせて、それぞれが集まります。

この日はとても寒く、風も強く点火すると”あっ!”という間に!

三九郎の火で繭玉やおもちを焼いて食べたので、今年も

一年元気に過ごせるでしょう♪

リンク

Powered by Movable Type 4.261