2008年2月アーカイブ

農家さんの切実なる問い合わせ・・・
 
農家さんから電話があり「コンバインのゴムクローラが稼働時間の割りには傷みが
激しいんだけど、何か良い方法はありませんかねぇ?」と質問されました。
 
現在、新車時からのゴムクローラを履いているそうですが、1年のうち、稲刈りシーズン
にしか使用しないことを考えるとコストが・・・とのことでした。
 
実は、タイヤもそうですが放置している時の方が傷みます(劣化現象)。
症状は様々ですがヒビワレが多いようです。ヒビワレしてそこから中の鉄芯がコロリと
飛び出す・・・
一番多いパターンです
『次回・・・シーズンオフの保管時、アドバイスにつづく』
 
お問い合わせはゴムクローラ・ゴムキャタピラ専門販売店ITOゴムクローラー販売までどうぞ!
 
「運搬車はゴムクローラ代がかかって儲かるトコロまでいかないよー」との事!
 
「社長(先方の)荷台のカサアゲして過積載で使ってるでしょ?」と聞いたところ、
やはり過積載で使用しているとの事でした。
「トラックは過積載するとクラッチ板に負担がくるけど運搬車はゴムクローラに
負担がくるので過積載を止めてみてください。それで八分目で運搬作業をしてみて
ください」とアドバイスしました。
 
「八分目?そんな事してらんないよー!」と先方の社長さんはいってましたが・・・
半年後・・・先方の社長さんから
「いやー、やっぱり八分目の積載量だとゴムクローラの傷みかたが全然少ないねー。
なんでも八分目だな!」と言われ感謝されました・・・。
 
食事も、お酒も、積載量も八分目がモノを長持ちさせるコツなんです・・・
改めて感じました。
 
お問い合わせはゴムクローラ・ゴムキャタピラ専門販売店ITOゴムクローラー販売までどうぞ
 
 

こちらのブログでは、これまでにお取引させていただいたお客様との取引内容を中心にご紹介致します。


 又、建設機械に関する用語、当ショップの商品(ゴムクローラ)をお使いいただく上での注意

点・基礎知識、お得な情報をお伝えして参ります。
  

尚一層、ご満足いただけるよう、参考にしていただけたらと思っております。

 

是非ご覧いただきますようよろしくお願い致します。


 

お問い合わせはゴムクローラ・ゴムキャタピラ専門販売店ITOゴムクローラー販売までどうぞ!

このアーカイブについて

このページには、2008年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2008年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。