ゴムクローラー処分方法

ITOゴムクローラー販売では、社外品新品ゴムクローラーの販売をさせて頂いております。

時々、ゴムクローラーの処分方法についてご質問頂く事がございます。

ゴムクローラー交換を業者様に依頼された場合、処分まで依頼されるという方もいらっしゃるかと思いますが、交換から処分までご自身でされる場合、裏に山積みにされている方もいらっしゃるようです。

今回は、ゴムクローラーの処分方法について簡単にご紹介させて頂きます。

ゴムクローラーの処分区分は「産業廃棄物」となります。ゴムクローラーの構造は、張力を保持するスチールコードと、スチールコードを補強する芯金(リンク)、それら全体を包み込むカバーゴムからできております。

一般的なゴムクローラーの構造構成は・スチールコード5%6% ・芯金(リンク)5060% ・ゴム35%45%です。

お客様のお住まいの都道府県、市町村により処分する場合の取り決めや、処分委託時の流れが異なるかと思われます。

処理方法に関しては直接お近くの産廃業者様へお問合せ頂くか、都道府県、市町村窓口にお問い合わせされることをお勧め致します。

ITOゴムクローラー販売は、社外品新品ゴムクローラーの販売のみとなってしまいますがお気軽にお問い合わせください。

*************************************************************************************

ゴムクローラ、ゴムキャタピラについてのお問い合わせは、

   お気軽にITOゴムクローラー販売までどうぞ!

      TEL 0263-52-2707

                FAX  0263-52-2708

                   E-mail   info@itogomuhan.com

コメントする

このブログ記事について

このページは、ITOゴムクローラー販売が2018年7月13日 10:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ゴムクローラー中古」です。

次のブログ記事は「夏季休業のお知らせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。